埼玉、群馬、栃木、茨城、北関東、宮城、福島、山形、岩手(一部)、秋田(一部)の畳の張替、襖の張替、リフォーム、カビ・ダニでお悩みのお客様へ低価格・高品質、そして健康にも良い株式会社ゆめの畳

製品のご紹介
お客様の声
お問い合わせ

イグサ苗から畳表ができるまでの作業工程を紹介します。


1年間無料補償付き

法人ページ

法人様はコチラ


熊本城畳表

掛軸・屏風襖の表装表具も承ります

畳が出来るまでには多くの人の手と時間が必要です。寒風下での植え付けから、イグサの香りが清々しい畳になるまで、生産者を始め、それに携わる人々の根気良く丹念な作業が続きます。ここでは、どんな手順で畳が出来るのかを紹介します。

苗床から健苗だけを1株1株ていねいに株分けをします。




12月の寒い時期に本田に植え付けます。




5月上旬頃に、イグサの先端を刈り取り根元に日光が透るようにして新芽の発生を促します。



良質のイグサを多く生育させるため5月から6月にかけて肥料を与えます。




6月中旬から7月中旬にかけ、良く充実したイグサを刈り取ります。近年では機械刈りでおこないます。



独特の色沢と香りをもたせるため、天然染土による泥染め。




日本農林規格に合致した優良経糸を使用して、整経所において整経が行われる。



イグサは長さや太さで選別し、一枚一枚丁寧に織り上げられます。




織り傷などの細かな部分のチェックも行い、製品に対する責任表示を明確にするため、一枚一枚に生産者番号を表示して全国に出荷します。



お客様のお宅に大切にお届けいたします。










いぐさ畳四国エリア
香川徳島愛媛高知岡山
あおい畳北陸エリア
富山石川長野岐阜新潟
福井福島
扇屋九州エリア
福岡佐賀長崎熊本大分
宮崎鹿児島山口


さくら畳北陸エリア
富山石川長野岐阜新潟
福井


美ぐさ畳東海エリア
三重愛知静岡岐阜山梨
長野


ゆめの畳
北関東・東北エリア
埼玉栃木群馬茨城
宮城福島岩手山形秋田


ゆたか畳
関東エリア
神奈川東京23区以外山梨


さわやか畳
北海道・東北エリア
北海道青森秋田岩手


(株)ゆたか畳関東エリア
東京23区千葉


あたらし畳関西エリア
奈良滋賀京都兵庫大阪
和歌山三重福井


美やび畳中国エリア
広島島根鳥取山口岡山
兵庫